読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えびチャンズー@管理者養成学校

管理者養成学校@富士宮

f:id:chanomanotv:20170326234430j:image

いやはや…笑てまうやろ…。教官は度々突然歌い出すし…。ミュージカルかっっ!

 

て私は思ってたんだけど、やっぱりメンバーも「どっきりかな?」て思ってたのね最初は。てか、最初のほうのはっしー、笑うの我慢してないか。私ならもう、笑ってるもん…。馬鹿馬鹿しくてやってらんないよね~!

 

 ■はっしー早々に脱落

いや、今の自分ならコレやれるけど(仕事なら)、はっしーの年齢の時には、私も無理だったなって思う。私もはっしーと同じく決意表明段階で脱落したと思う。なんなら最初の起立着席の練習で吹き出してる絶対。お兄ちゃんたちと同じ30歳の頃でも無理かも。そっから10年ちかくたった今なら、やれる自信あるけどさ(仕事なら)。そんでなんか得るものもあるだろうとは思う。肝が座るっていうか、精神論的な何かだけど。

 

とにかくはっしー脱落までは、頑張れはっしー!!と思ってたけど、早々にリタイアしたはっしーに逆に安心した。こーゆーの、若くしてそんな簡単に受け入れられたらそのほーが怖いよ。

f:id:chanomanotv:20170326235315j:image

 

 でも塚ちゃんのこーゆーの受け入れるピュアさは体育会系ゆえなのか…それとも辛酸舐めて一周回っての塚ちゃんなのか…。でもサスケを見た後なので塚ちゃんは全て神々しく見える…。

 

■良い印象を与える6つのポイントを全員で12秒以内に言う訓練

 

↓こんなん、言ってることは全然フツーのことだよね。フツーのことを常にフツーに行うってのは、確かに難しいことではあるが。

【良い印象を与える6つのポイント】

f:id:chanomanotv:20170326233049j:image

f:id:chanomanotv:20170326233015j:image

3.返事をする回数である

f:id:chanomanotv:20170326233204j:image

f:id:chanomanotv:20170326233303j:image

6.声の大きさ明るさである

 

 まーこれ、要するにオバハンのことですよ。

声大きくて明るくてやたら笑ってうなずいてセカセカ動いてあいずちうちまくる、と。要は処世術ですよ。これを年の功で身に付けると、女はオバハンになるってわけですな。。。

 

■脱落したはっしーとお兄たち車中で話す
f:id:chanomanotv:20170326233611j:image

橋「逃げでいいよ。戻りたくない。」

郁「何が嫌だったの?」

橋「俺は違うかなって。4人に嫌われてもいい。」

 

ん~…わかるなあ…。すばるくんとか、絶対やらなそうだもんねえ…。丸ちゃん全力でやりそうだけど。亮ちゃんもちゃんとやりそう。おーくらくん、脱落しそう…。(完全にイメージで言ってます)でもまだはっしーには処世術とか身に付けて欲しくないよね。オバハンにならないで!!

 

大阪は放送が遅れているので、前評判を聞いていたおかげか、それほどショックを受けずに済んだわたしです。

でも実は私似たような状況を体験したことがあって。。。

 

学生の頃に、試食販売のバイトの面接に行ったら、集団面接の後に、急に始まったんですよ、こんなのが。

20人くらいはいたと思うんだけど、全員で声出しながら、会議室をぐるぐると走らされ、号令に合わせて止まったり走ったりさせられたの。もう、ほんと急にこんなんやらされて、私、半笑いしちゃった。なんでこんなことやってんだろー…って。そしたら即、「今笑った方、お帰り頂いて結構です。」とバイト不採用を告げられました。今思えばそんなブラックバイトやらなくて済んでよかったねなんだけど、なんだろーなー、その時は既になんらかのマジック?洗脳?に半分かかっちゃってたのか、「すみませんでした!」みたいに謝って残ろうとしたんだけど、許してくれなくて、笑、「お引き取り下さい」と言われるのみで、まあ、泣きながら帰ったよね…。なんで泣いたのかな~…急にあんなんやらされた衝撃と理不尽に不合格をつきつけられた悔しさからだろうか。。だからはっしーも結構キツかったと思うんだよね。。

 

結局その後公園のベンチで泣きながらコンビニおにぎりの昼食とってたら、近くで立ち話をはじめた男子高校生の会話がAVについてで、しかもその内容が「女優が最後泣きながらお母さんってつぶやいててあれやべーよガチじゃね?まじかよ?」みたいなので、ますます悲しい気持ちになってますます泣きながらその場を立ち去ったという切なくピュアっピュアな思い出…。

 

来週も楽しみです。。

終わります。